キッズシューズの相場

売り場によく並んでいるものは3000円~5000円くらいです。機能性が高いともう少し値段が張るものもありますが、子どもの足の成長を妨げないものを優先する方がいいでしょう。

キッズシューズに関するよくある疑問

どんな靴を選べばいいですか

カカトでしっかりと立つことができるもので、マジックテープで固定できるものにすると、脱げずに支えてくれます。

デザイン性の高いものにしてもいいですか

きちんと歩けるものであれば問題ありません。不安がある場合はおしゃれ靴と運動靴を分けて購入すると不安がありません。

重くない靴の方がいいですか

遊ぶときは軽い靴の方が子供が動きやすくなります。普段使いする靴は軽い方が楽でしょう。

どれくらいの頻度で買い替えればいいですか

極端に汚れたり、破れたりしていなければ、3か月に一度くらい、サイズが合っているかを確認しましょう。きつそうであれば替え時です。

インターネットで購入しても構いませんか

子どもの足は個人差が大きく出ます。足の長さだけでなく、足の幅や足首の太さなども測ってサイズを合わせれば安心して購入できます。

赤ちゃんの足をサポート

女の子

赤ちゃん向けのキッズシューズは、デリケートな赤ちゃんの足を保護してくれるものです。赤ちゃんが自分で歩く時だけでなく、抱っこされていて、足が何かにぶつかった時の保護もしてくれます。また、寒い季節には、靴下と合わせて防寒の役割も果たします。そして、基本的に赤ちゃん向けのキッズシューズは、面ファスナーが付いたベルトでしっかりと固定できるようになっているものがほとんどです。また、赤ちゃんの足首は安定していないということで、キッズシューズは背が高めで、足首までしっかり支えられるようになっているものが多いです。不安定な足首をキッズシューズにサポートしてもらえると、赤ちゃんのひとり歩きもしやすくなる上に、足を捻ってケガをしてしまうリスクを下げられます。

靴を履く習慣を身に付けさせる

足元

赤ちゃんにキッズシューズを履かせる目的として大きいのは、靴を履くという習慣を身に付けさせることです。赤ちゃんが大きくなると、いずれは外に出て歩いたり走ったりする日がやってきますが、その時に初めて靴を履かせる場合は、まずは靴に慣れるところから始めなければなりません。そのようなことにならず、早めに外で歩くことができるように、赤ちゃんの内からキッズシューズを履かせ、靴に慣れさせておくわけです。そのため、屋内で過ごしている時にも、キッズシューズを履かせることは多いです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3